無修正アダルト

無修正アダルトをいいとこ取りで楽しみたいとは思わないか。画質はDVDレベルの高品質、ジャンルやカテゴリも多種多様に選べ、その上安いどころか、数千円程度の月会費で好きなだけ見られるというお得なサイトって言うのも世の中には実は沢山あるのだよ。ここではそんな素敵な情報を各種取り揃えてある。さぁ諸君、みんなでこの愉しいひとときを味わおうじゃないか!このバアルについてきたまえ!


入口


バアルとは「王」の意味を持つヘブライ語で、セト語では「主」を意味するとされ、古代信仰では神の名にも使用されていた。世間では悪魔の名前などで認知されているが、それらも元々はキリスト教以外の神や天使などの上位階級だったものである。有名なものではベルゼブブと呼ばれるものもあるが、これも元はバアルゼバブという方が発音が近かったと言われている。また、ブエルもバアルの訛った形だったりと、バアルの名は様々な悪魔の名前に転換されてしまった。ちなみにこれらの悪魔達の多くは8〜17世紀頃までに命名されたとも言われており、圧制を強いる悪しき王を揶揄する意味で悪魔達に「王」という名を与えたと言う研究者もいる。実際には冒頭で述べたとおり、言葉自体にはまったく悪い意味はなく、むしろ尊ばれたものだったと言える。キリスト教では他の宗教や人身把握を試みるものを悪魔呼ばわりしてきた歴史もあることから、そうした宗教観の争いから「王(バアル)」=「悪魔」の図式を意図的に産み出したのではないかという説もあるが、正確な過程はいまだ判明していない。このサイトは多くの人を無修正アダルト作品へ導く指導者的存在を目指して名づけた。肉欲へ誘うという意味ではある意味悪魔に近いかもしれないがツッコミは無用に願いたい。最後になるがセト語は昔のアラビア半島周辺で使用されていた言語体系で、ヘブライ語はその中から派生した言語の一つ。現在使用されているアラビア語に近い形態を持っていた。19世紀頃にはオカルティスト達には必修言語の一つとも言われていた(英独伊仏希蘭中の7カ国語+ラテン、アラビア、セト(ヘブライ)で必修10大言語とされた)が、20世紀中盤には英、独、ヘブライ、ギリシャ、ラテン語の5ヶ国語が読めればよいという風潮となり、だんだん語学技能は必要とされなくなっていった。現代では各言語からの英訳本なども流通しているものが増え、英語とヘブライ語が読めれば研究には困らないとまで言われている。ヘブライ語は原書のままの旧約聖書などを解読するなどに必要な為、今日でもバアルと呼ばれた存在がいかにして王からその立場を変えられてしまったのかという点を知る為に使用されていると言えよう。オカルティズムにおける主=神と言う図式から多神教での主=キリスト教的悪魔という意訳も考えられるとされ、単純に歴史上での権力を持つ者を指すのみならず、当時の派閥間での揶揄なども含み様々な思惑を表してきたとされる。

こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口



はじめに アクセス サイトマップ

Copyright © 2005 18kinweb.jp All rights reserved.