エッチな0930



入口

ベラドンナはイタリア語では見目麗しき女性という意味だが、日本ではセイヨウハシリドコロと呼ばれる植物の名前の方が有名。ナス科の多年草。摂取すると副交感神経の活動を阻害する効果を持っており、毒草として知られている。特に根部分に強くその性質を持つ。少量であれば薬としても用いられており、鎮痛剤的な用途で用いられる場合などもある。名称のベラドンナは学名で、その名は冒頭に記した伊語で言う「美女」に由来する。古くはこの実から抽出した液を目薬とし、瞳孔を開いた状態にするという行動をとる女性たちがいたことからこのように名づけられたとされる。花言葉は沈黙。アメリカの有名なコラムニストでもあるアンブローズ・ビアスも自著の中でこの植物に触れている。「ベラドンナ【名詞】 イタリア語では麗しき女性のこと。英語では死に至る毒草の名。これは二つの言語が因子的には同様の本質を持つことを証明する一例である」とその著作には記されている。また、この植物は日光に弱い毒草という認識からか、英語名はデッドリーナイトシェード(死の夜陰)と言う不吉な名がつけられてしまった。もっともナイトシェードはナス科の植物の総称なので毒ナス程度の意味で名づけられたとも考えられる。「適量は薬にて過ぎたるは毒」であるという典型例。また、美しい花には棘があるなどと言う言葉もそうだが、昔から女性を花に、花を女性に例える文化は洋の東西を問わず存在している事が伺える名である。その成分には心拍数の増加や異常興奮などが見られる場合もあり、かつては媚薬の原料として重宝された時代もあった。北半球大陸内の山地などに自生しており、日本では目にする機会はほぼない。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.