金髪天国

金髪天国はいつでも白人美女だらけの動画を存分に楽しめちゃう大人気サイト!満員御礼、大好評の洋物専門がまたまたブーム到来ですよ!こいつは見逃せないね!


入口


畢方(ひっぽう)とは中国における神霊の一種で、大きな火災が起こる事前に姿を現すとされる。有名なところでは山海経などにその記述が登場している。また、淮南子においては木から生ずるとの一文も見受けられる。これらの災害の予兆として出現する神霊・妖怪の類は総じて「兆し(きざし)」と称する。そのことからも畢方は別名大火の兆しとも呼ばれる。昔は山中で夜を明かす際には焚き火に竹の箸をくべ、その音によって山の精霊や悪霊を払ったとされ、(現代でも獣除けとして行う場合がある) これをひつはく(ひつは火偏でつくりは田の下に半の字に横線を1本加えた形、はくは火偏に朴)と呼んでいたことに由来するとされる。火災を呼ぶと勘違いされがちだが、実際には災害を知らせる凶兆とされ、神職につくものたちはその姿を見ると周囲の山などに火の気が上がらぬよう警戒したとも伝わっている(しかし、その大火は原因不明とされ、未然に防がれたという話はない。おそらくは当時の火災としてもっとも大きなものが戦などの焼き討ちか山火事だったためにそうしたのではないかと思われる)。その姿は白地に赤い斑点の鶴に似た姿で、一本足に青い一枚の翼を持つ鳥のようだったとされる。また、異なる文献では皇帝の牛車の横に付く神鳥ともされ、神聖視されたとされる。民俗学者は象徴学的には妾を表すのではないかとも考えており、火とは火遊び(つまり大火は皇帝の不倫騒動)の暗喩とも考えられるとする説を唱えるものもある。夜に奇妙な鳴き声と共に現われる(いわば夜伽の目撃)、木より生ずる(出生のあやしい者)、比翼である(比翼は一枚羽の意。本来比翼の鳥は雌雄それぞれが一枚づつの翼を持ち、その仲の良さを表す)などといった特徴からもその説を裏付ける根拠としている。類似した比翼の神鳥に属する類話は北欧などの白人文化圏にも多数存在し、共通のアーキタイプの一つともされている。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.