投稿大魔王

投稿大魔王は様々な形で私達の見たい作品に姿を変え、みんなの元へと現われます。思うが侭の欲望の形を結晶化した数々の名作をどうぞ心行くまでお楽しみ下さい。




入口

ビスマスは元素番号83となる窒素族元素の一つで「Bi」の元素記号で表記される。融点が271.5℃と低めながら常温で安定凝固する為、容易に加工できる。半金属なので伝導性などは低く、また柔らかく強度はあまり強くない(モース硬度で2.5相当。爪では傷つかないが貨幣などでこすれば傷になる)。結晶化する際にその組織内に隙間が生じやすく、体積からの比重としてみると大変軽いが、実質比重値はかなり重い。表面の酸化膜によって多様な色彩に見えるが、本来の色は赤銀色である。なお、結晶化の際に冷却にかける時間を変えることで酸化膜の色味を調整する事ができる。凝固すると体積が増加する(密度が下がる)のが特徴で、融解後に再結晶化すると四角い独特の形状(菱面体晶)になることからも人工結晶は観賞用としても流通している。前記の色味の調整などにより多様な表現が出来ることから多くのバリエーションが生み出されている。また、ビスマス化合物の中には整腸剤などの医薬品に使われるものもある。通常他の窒素族元素は毒性の高いものが多い中、数少ない例外ともいえる。原子比重が重く軟性の高いその性質から鉛やカドミウムなどの代用として各種工業素材にも使用されているなどその用途は幅広い。身近なところでははんだやガラス製品などに含まれる場合がある。天然での産出も存在するが、その供給の大部分は鉛やタングステンなどの精製時における副産物として生じるものがほとんど。天然物は全て放射性同位体であるが、その半減期は大変長く、二千京年前後と言われている。α崩壊する放射性同位体でありながら被爆影響などはほぼないと言われており、安全かつ手軽な鉱物としていたるところで役立っている。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
EXIT


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.