メス豚2

メス豚2は長い歴史の中で「このメス豚がぁぁぁ!!」の名で愛され続けてきましたが、ついにその伝統に終止符を打ち、リニューアルして再出発することとなったのです!そうしてここに新たな歴史が幕を開ける・・・!



入口

倫敦塔は別名ホワイトタワーとも呼ばれるイギリスの世界遺産。正式名称はHer Majesty's Royal Palace and Fortress(女王陛下の宮殿兼要塞)。現代においては礼拝所として、また儀礼的な武器や用具などの保管庫として運用されるとともにイギリス王室が居住に使用しており、また一部施設においては観光用に入場も出来るようになっている。11世紀(1066年)にウィリアム一世が建設を命じ、リチャード一世、ヘンリー三世へと引き継がれながら20年の時を経て完成した。テムズ川の畔につくられ、その長い歴史の中において政治的な要所とされた期間が長く、17世紀初頭までは国王居住の宮殿として、その途中14〜19世紀の間は造幣所や天文台(中世の天文台は政治的に重要拠点でもあった。当時は天文学者によって星の運行を調べ、その結果で重要な政治的決断を下すことも珍しくなかった)を兼ね、一時は銀行や果ては王立動物園なども兼ねたと言う。また、13世紀頃から処刑場などのような後ろめたい用途でも使用されているが、一般的に日本ではこちらのイメージの方が有名かもしれない。また、ワタリガラスの飼育も行っており、日本ではカラスは凶兆とされる節があるが、イギリスではアーサー王伝説に由来し大切にされていたり、昔の占いを信じて飼育され続けている点などは興味深い。北欧圏においては神の使いとも知識の象徴ともされることとも関係があるのかは研究者たちの間で議論が尽きない。日本では同名の倫敦塔の題目で夏目漱石が小説を書いており、その内容もまた陰惨とした印象を日本人に広めた一端とも言えるが、実際の倫敦塔は英国の繁栄の象徴であり、華々しさも大きく兼ね備えている事を忘れてはならない。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.