女体のしんぴ

女体のしんぴはいつまでたっても男には理解できないものなんですよね。でもそれは理屈じゃない、肌で直に感じて納得できればそれで良いんですよ。私もあなたもみんなそうして世界中の不思議を見つけていくんですから。その先にあるのは魅力的な出会いなんです。



入口

胎生とは生物分類において母体となる雌親の体内で卵を孵化させ、一定期間の間子が母体から栄養を吸収した後に出産される繁殖形態のことである。動物の大部分は通常卵胎生の物が多く、胎生となるのはおよそ哺乳類と一部鮫等の軟骨魚類や極少数の例外くらいで、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、各種無脊椎動物のほとんどが卵胎生。胎生は卵胎生に比べ子供の保護や母体の栄養調達期間の長期化などにより負担が軽減されるメリットがある反面、妊娠期間の母体への肉体的負担、及び出産最大数の限界などのデメリットもあるためどちらの形式の方が優れているかは一概に断じることはできない。これらは環境によって変化するが、特に哺乳類にあっても有袋類などに至ってはさらに得意な位置づけとなり、出産後に使用される育児嚢の進化は特筆されるべきものがある。通常の胎生哺乳類は出産後は子供を巣に置いて生育するが、有袋類は独自発達した育児嚢と呼ばれる主に腹部に備わっている袋状の器官に子供を収納して活動する。これは子供の安全を確保する為の行為としては妊娠中の胎内での生育の延長上にある行為でもあり、母体の妊娠期間中の身体的負担を軽減する(出産後も妊娠中同様に生物としては弱者となる子供を体内に有したまま搬送できる)という点において特殊な進化といえる。有袋類は有蹄類の少ない地域において特に多く生息しており、環境に伴った進化の形態の一つといえるだろう。雄種においては有袋類であっても特別な器官はあまり存在せず、雌種のみの特徴といっても差し支えない。これもまたある種の女体のしんぴであると考えられる。人類もあと数百万年もあれば有袋類のような進化をするかも・・・ってことはなく、人類は乳母車とか搬送用の道具が存在するのであまり変わらないと思われる。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.