日本人のおしっこ

日本人のおしっこはとにもかくにも尿だらけ!完全しーしー動画専門の配信サイトです!これは特殊な趣味の人だけのためじゃなく、新しい世界を多くの人に知ってもらおうという素晴らしい洗の…じゃなかった、布教のためのサイトなんです!わんだほーっ!



入口

キャスリングとはチェスにおけるローカルルールの一つで発祥は14〜15世紀のヨーロッパ。キングとルークの位置を同時に動かす事ができる特殊な手で、1ゲーム中に各プレイヤーは1回のみ使用する事ができる。1度の手番で複数の駒を動かす事ができる上にキングが2マス以上の移動を行う事ができるという大きなメリットを持つが、その使用条件は大変困難なものとなっている。キャスリングする側のルークとキングが一度も動いておらず、キングの現在位置及び通過先に相手側の駒が入ってこられないチェックもされていない状況で、移動する2駒の間に他の駒がない状態でなければならない。その上で(誰でも簡単に守れる条件だが)キングから順に片手で一つずつ動かすことが公式ルールで定められている。なお、移動先の形も正式に決まっており、キングは対象のルーク側に向かって2マス、ルークはそのキングの隣、中央側に移動する形となる。特にキングがいる側(白では右側)をキングキャスリング(通常キャスリングとだけ言う場合にはこちら)、反対の初期配置でクイーンがいる側ではクイーンキャスリング(もしくはロングキャスリング)と呼ぶ。戦略的には多用される傾向にあり、ローカルルールとはいえ世界共通で使われるメジャーなもので実質的には公式のオプショナルルールの一つという扱い。縦横直線に長距離移動できるルークは中央に行くことでその真価を発揮し、キングは戦線から離れ端によることで退避するという合理的な動きとなるため序盤から使用されることも少なくない。なお、記録用の駒移動を英数表記する場合にはキングキャスリングが「0-0」、クィーンキャスリングが「0-0-0」と表記される。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.