パコパコママ

パコパコママはいつでも全力全開!子供はいらなくてもがんがん中出ししまくっちゃうよ!そのおかげでここにはこんなに沢山の人が集まる世界が出来ちゃった!やったネ!



入口


ティアマトとは古代バビロニア神話における地母神であり、他の全ての神々を生んだものとされている。名前の由来は塩水を意味することからも母なる海の象徴であることがうかがえる。夫はシュメール神話におけるアプスー(淡水の意)という名の神。ティアマトは日本の古事記におけるイザナミと同源のアーキタイプとしても知られており、経緯は違えど最終的には自らの子孫に襲われ、世界の礎となったとされる。また、神産みの母神でありながら幾匹かの魔物も生んだとされており、古代の壁画などには角と尾をもつ姿で記されたことから現代では神性よりも魔性の方に偏ってみられることが多い。一説にはこれらの神話の背景には王族など権力者による近親婚やそれに伴う鬼子及び畸形の誕生、後継者争いの謀略などを元に書かれた暗喩だとも言われている。現代ではティアマトはゲームなどで悪しき竜の姿などで書かれる場合が多々あるが、古代(特に紀元前)の神話における神やその使いなどは人の姿とはかけ離れたものが多かったため、このような表現にいきついた可能性が高い。ちなみに神や天使などといった存在が人間と同様の姿として定着したのはキリスト教からで、それ以前の土着信仰や古代宗教などでは神々は半人半獣や異形の姿などのモチーフが主体だったとされる。その結果が異教の神は悪魔であると定義した初期から中期にかけてのキリスト教による悪魔像で、現在の悪魔のイメージはこの時のものに由来するとされる。これらの視覚的なものとして精密化したのは中世フランスの作家、コラン・ド・プランシーの著作、地獄の辞典に描かれた挿絵が有名。同書の日本語訳版は項目が大幅に削減されているが、当時の原書の中にはティアマトについて触れられている版もあったというが、真偽は定かではない。多産にして母たる神はキリスト教の理念にはそぐわない(キリスト教は処女懐胎と一神教の思想)為、ティアマトのような存在はえてして邪神の筆頭として槍玉に挙がってしまうが、実際には彼女は我が子に夫を殺され、自らも孫であるマルドゥクに襲われたという悲劇の女神なのである。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright ©  2008  18kinweb.jp All rights reserved.