URAMOVIE.com

URAMOVIEは心の清い人の前に現われる動画サイト!え、清い人は見に来ない?そんなことないよ!純心だから全部包み隠さず見たくなるんじゃないか!ほら、みんなもまっすぐ見つめてご覧よ!そこに見えるだろう、綺麗な○○○が・・・!



入口


ハギスとはスコットランドの郷土料理の一種で、羊の内臓のミンチを香草や麦、タマネギなどと共に羊の胃袋に詰めて茹でた料理。ソーセージなどと違い、調理後は外皮として使用した胃袋を取り除き中身のみを食する。日本でもかつては輸入・流通していたが、現在は羊肉の輸入が困難なことから一部のバーなどでのみ供されており、輸入用の缶詰などは野菜で作られたベジタリアンハギスばかりとなっている。スコッチと共に食するのが一般的で、ウイスキーを振りかけて食べる場合も多い。スコットランドでは1月25日をバーンズナイトと呼ぶ祭日(詩人ロバート・バーンズの誕生日。バーンズはこの日に歌われる「ハギスに捧げる詩」の作詞者)としてハギスをメインディッシュとする習慣もある。胃袋に詰める際に牛脂を多量に同梱するためこってりした味わいがあり、地域などによって評価が大きく異なる。例えば近隣であるにもかかわらずイングランドなどではあまり好んで食されることはない。形状から察するに遊牧系民族などの保存食の延長的な料理であり、山間に根付いた文化で食される料理であると思われる。そのため温暖な気候の食文化にはあわない傾向がある可能性が高い。内臓料理は世界中に存在するが、ハギスのように動物性油脂を多量に含んで茹で上げる形式はロシアやチベット付近など寒冷地及び山岳地帯に多く見られ、平野部及び内陸の温暖地区では植物性油脂による揚げる調理や焼いて食べる、塊で煮て食べるなどの多様性が見られる。その他、地域ごとの共通性を挙げるとすれば、度数の強い酒類のある国の方がハギスに類似した調理法がある傾向にある。これは内臓料理の臭みなども関係するだろうが、高度数のアルコールが作られる地域はえてして寒冷地が多い点も興味深い。また、スコットランドには同名の架空の生物に関する伝承がある。ハイランド山中で満月の夜に心清き者の前にのみ姿を表すとされ、その外観は長い毛を持つとも三本足の異形ともカモノハシに似ているとも様々に言われている。前出の料理であるハギスの外観があまり綺麗なものではないことからこの生物も醜い姿であるという説もあるが、毎年年末頃にはハギス狩りというイベントが(ジョーク的なものとして)行われており、意外にも参加者は多く、毎年1000人単位が参加している。その他、インディーズでもハギスをテーマにした歌を歌った日本人歌手もおり、日本では接する機会が少ないにも関わらず名前だけは知名度があがりつつある。スコッチ愛好家には是非とも一度は食してもらいたい一品。シェリー系よりはオークランド系のやや強い香りのスコッチの方が合うと思うので是非どうぞ。


こちらから退室するとYahooJAPANへと移動します
出口


はじめに アクセス サイトマップ


Copyright © 2005 18kinweb.jp All rights reserved.